前へ
次へ

教育方法は家庭によって違っていても良い

教育というと、学校で行われることが主流です。しかし、各家庭でも行いましょう。もちろん家庭によって教育方法は異なります。とにかくいろいろなことにチャレンジさせるという家庭では、子どもが小さいうちからいくつもの習い事をさせることもあるでしょう。いろいろな習い事をしていくことで、その子の才能を開花させることもできるはずです。一方、うちは無教育というところもあります。自由にさせることが教育という家庭もあるのです。これは各家庭の方針なので正解も間違いもありません。子どもによっては自由にすることで才能を開花させることもできます。自由な発想力が生まれることもあるでしょう。いずれにしても、子どもにとって負担を感じることのないようにすることが大事です。負担に感じてしまうと勉強が嫌いになってしまったり、やる気がなくなってしまったりするからです。楽しく向上心を持てるようにするためには、ある程度の自由さと子どもの意思の尊重が重要と言えるでしょう。

Page Top