前へ
次へ

習い事は何をさせるべきであるのか

子供の教育として習い事を色々とさせようと考える人が多いのですが実際問題何を習わせるべきかというのはなかなか判断が難しいことになります。特にいえるのが費用的な問題もあるわけです。大人になってこれは習っておいて本当に良かったと言われているものが実は一つあります。それが習字です。そこまで毛筆で書かなければならないという事態にはならないのですが結婚式や格式のある宴会などに招かれた時に名前を書くのが毛筆というのはそこそこあったりしますのでそういう時に役に立ったりします。年賀状の時などにも役に立つことでしょう。後はそろばん何かお役に立ったりすることが多かったりするので学ばせる価値があると言えるでしょう。これは初等教育で実際に役に立つ部分はありますし、大人になってからも暗算が早いというのは割と役に立つことが多いので学ばせる価値がある習い事の一つとなっています。これらは習う為の費用も決して高くないのも魅力です。

Page Top